王妃レシピ②フランキンセンスとは

紀元前4,000年頃から薫香として焚かれていたフランキンセンスは、最も古い香料といわれています。
“神聖な香”として黄金と同じぐらい貴重な品として取り引きされ、
歴代の王妃たちが愛したフランキンセンスの神秘的な香りで、至福のスキンケアタイムを演出します。

ストーリー

古代エジプトから神に捧げる香りとして用いられたり、キリストが生まれた時、東方の三博士が捧げた贈り物の中のひとつであったと記されている貴重な香りです。現在でも宗教的な儀式には欠かせない香りでもあります。

語源

「オリバナム」と呼ばれることも多く、和名は「乳香」。英名「Frankincense」は「frank」(率直な、自然の)と「incense」(香り)が合わさった名前です。産地は中東、アフリカ、アジアなどがあり、中でもオマーン産のフランキンセンスが最高級品といわれています。

特徴

特徴

砂漠などの非常に暑く乾燥した広い土地に生息し、水が少ないほどに質が高くなると言われています。樹皮の内側に乳白色の樹液を蓄え、空気に触れると黄色い涙のような形になります。

香り

香り

甘くウッディーでありながら爽やかさも感じられる香りは、古来から瞑想にも使用されてきました。浅くなりがちな呼吸を深い呼吸へと導き、心を落ち着かせると言われ、別名「若返りの精油」とも呼ばれています。

王妃Story
~フランキンセンスと王妃編~

大量の香木を持ち帰った女性ファラオ

古代エジプト

古代エジプトで初の女性ファラオに君臨したハトシェプスト女王は、「神の国」プントに5隻の船を派遣し、フランキンセンスの香木を持ち帰らせました。その様子は、ハトシェプスト女王葬祭殿のレリーフにも残されています。

壁に塗り込んだ中国の皇妃

沈香亭

楊貴妃が建てた沈香亭の壁には、フランキンセンスが塗り込まれていたと言われています。地位と権力を手にした女性だからこそ抱えるストレスや不安を、フランキンセンスの香りで癒していたのかもしれません。

王妃たちに愛された
美のレシピ

王妃たちに美のレシピを探していた時、世界の歴史や文化への造詣が深い
占星術師ステラ薫子さんに出会い、歴代の王妃たちにまつわるエピソードを聞かせていただきました。
そのお話の中から見つけた至高の美意識を持つ王妃たちを虜にした「美のレシピ」をご紹介します。

ロータス(ハス)の魅力

ロータス(ハス)の魅力

東・西洋を問わず、神秘の花として、美の象徴として愛されて来た蓮の花。その魅力についてご紹介します。

フランキンセンスとは

フランキンセンス

最も古い香料といわれ、黄金と同じぐらい貴重な品とされていたフランキンセンスについてご紹介します。

デッドシー(死海)について

デッドシー(死海)

地球で最も低い場所に位置し、王や王妃を魅了したというデッドシー(死海)についてご紹介します。

ブランドストーリー

ブランドストーリー

至高の美意識を持つ王妃たちが愛した美容素材を採用した“王妃美容”を提案するBARAKAのブランドストーリーをご紹介します。

BARAKAページTOPへ