BARAKAアカデミー

~BARAKA beauty ブログ~

香りから学ぶナチュラルな生き方<後編>
BARAKAスペシャル対談 Vol.2 ゲスト:HIROさん

2016.10.31

前回に続き、五感・香り・エッセンシャルスタイリストのHIROさんをお招きしてファウンダーのステラ薫子と「香りから学ぶナチュラルな生き方」について語っていただいたスペシャル対談の後編をお届けします。

アロマ 現在の感情や潜在意識を知るアロマリーディング
ステラ「HIROさんは、個人セッションでアロマリーディングを取り入れていますよね。何本あるんでしたっけ?」
HIRO「全部で22本です。エッセンシャルオイルの入った22本の小瓶をポーチに入れて、中を見ずに4本ピックアップしていただきます。その選ばれた香りから、現在の感情や潜在意識などを読み解いています。」
ステラ「これって、何回やっても同じ香りを選んじゃうこともあるんですよね。」
HIRO「あります、あります(笑)香りにはそれぞれ意味があって、その人が持っているエネルギーを受けやすいといわれています。私は、“アロマの妖精さん”と呼んでいるのですが、ちゃんと妖精さんが教えてくれるんです(笑)」

HIROさん 自分に合う香りを見つけるためには?
ステラ「妖精さん、いるかもしれないですよ(笑)スピリチュアルな面でも香りはとても重要ですし、自分のコンディションによって好きな香りも変わります。ところで、自分に必要なアロマを見つけるコツとかあります?」
HIRO「まずは、ご自身の直感で選ぶのが確実です。実際にお店へ行って、いろいろな香りを嗅いでみることをオススメします。『いい香りだな』『癒されるな』と思った香りが、求めている香りだと思います。」
ステラ「あれこれ頭で考える前に、まずは感じてみること…とても大切なことですね。香りの知識はネットでも得られますけど、どんな香りなのか?はさすがに画面ではわかりません。ですから、実際に嗅いでみて好きか苦手かを自分に問いかけてみる。」
HIRO「おっしゃる通り、自分との対話によって選ぶと失敗はありません。香りの好みは個人差がありますし、同じ香りでもメーカーによって異なります。いろいろな香りを、いろいろなメーカーで試していくと、ご自分のお好みがわかってくると思います。また、香りを試す時はオイルをいきなり鼻近くに持っていかずに、遠くから少しづつ嗅ぐことをオススメします。いきなり強い香りを嗅ぐと、香りの印象が悪くなってしまう場合もあるんです。」

ステラ薫子 香りは自分のココロと向き合うためのツールのひとつ
ステラ「これは私の経験ですが、以前は苦手だった香りが急に好きになるときもありますよね。だから、いろいろな種類のエッセンシャルオイルが増えてしまうのですけど…(笑)今日はフランキンセンス、今日はベルガモットとかその日の気分で使いわけたり、ブレンドをして楽しんでいます。大好きなフランキンセンスに至っては、樹脂を焚くことも…好きな香りは疲れもリセットできて心から安らげます。」
HIRO「さすが先生、本格的な使い方をされていますね。ちなみに、苦手な香りというのは、受け入れられない何かがあるときに多いといわれています。それは決して悪いことではなくて、“そういう自分”もきちんと認める、ということの方が大切です。好きになったということは、受け入れたという証なんです。」
ステラ「そうね、人間誰でも長所があるし、短所もある。強い部分もあれば、弱いところだってあります。なのに、大人になればなるほど、自分の嫌な部分や弱い部分には目をつむりがちだったり、避けて通りたくなりますよね。でも、『いろんな私があっていいんだ』と思うことが“自分を知る”ことに繋がって、ありのままの自分を受け入れる、ということになると思います。」
HIRO「そうなんです。香りは、『ああ、私は今そういう状態なのね』と自分自身のココロと向き合うツールのひとつであり、イライラしたり落ち込んだりしたときの癒しにもなると思っています。」

HIROさんとステラ薫子 ココロを整えるためにも取り入れたい丹田呼吸
ステラ「呼吸を整える、という意味でも香りは有効的ですよね。最近は口呼吸の方が増えているそうですが、嗅覚を感知するのは鼻です。ヨガや瞑想などでも行われていますが、おへそのところにある丹田を意識しながらゆっくりと深~い鼻呼吸をしていくとココロも整ってきますよね。」
HIRO「丹田呼吸は姿勢も良くなりますし、ダイエットにもオススメといいこと尽くしですしね(笑)」
ステラ「そうそう!毎日何気なく行っている呼吸もやり方ひとつで変わりますから、あなどれないですよ。それに、ココロが整ってくると物の見方も変わってきます。『あ、シクラメンに新芽ができている』とか、日常の小さな気付きも嬉しくなって…」

HIROさん HIRO「私は先日、テレビもなく電波も届かない無人島に行って自然と思いっきり触れあってきました。帰ってきてからは、庭の小さなお花も愛おしくなってつい笑顔になっちゃいます。それに都内でも意外と自然が多くて、小さな発見や気付きが毎日を楽しく過ごすことに繋がるような気がします。」
ステラ「どんなに時代が便利になっても、自然と触れあう機会は大切です。デジタル文化が中心の生活だからこそ、自然がもつパワーやエネルギーが必要なのでしょうね。その恩恵にあやかりながら、毎日を豊かなココロで過ごしたいものです。人間も自然の一部なのですから、ね。」

おふたりにとっての香りは、なくてはならない存在のひとつ。その香りを通じて、自然と上手に融合していく大切さを改めて感じました。そして、実際にHIROさんのアロマリーディングを受けたスタッフは、思ってもいなかった香りを選んで目からウロコ。新たな自分を発見できるのはワクワクするものですね♪
HIROさん、ありがとうございました。

BARAKAページTOPへ