ステラ薫子の王妃レッスン

~BARAKA beauty ブログ~

王妃美容って何?

2015.10.26

「大きくなったらお姫様になるの」…幼い頃、多くの女性が抱いたお姫様への憧れ。
その気持ちは大人になっても心のどこかにずっと残っていて、お姫様願望=“女性の永遠のテーマ”と言えるのかもしれません。

でも私は、すべての女性は生まれながらにしてお姫様や王妃様の要素が備わっている、と思うのです。「ずっとキレイでいたい」という美意識もそのひとつですよね。
ですから、BARAKAをプロデュースするにあたって、女性ひとりひとりが持っている王妃部分にアプローチできるアイテムを作りたいと考えました。

そこで着目したのは、歴代の王妃たちが実際に愛用していた、と言われている美容素材。
美容マニアの王妃といえばクレオパトラや楊貴妃が代表的ですが、当時は今のような化粧品やエステなどは存在しません。彼女たちは、あらゆる自然素材のなかからコレだ!という美容成分を見事に選び抜いています。

しかも、その成分ははるか時空を超えた現代でも化粧品素材として活かされているのですから、スゴイと思いませんか?
王妃たちがもっていた美へのあくなき探求心がそうさせたのか、美の眼力がずば抜けて鋭かったのか…いずれにしてもどこか神がかり的なパワーをも感じてしまう神秘性も魅力のひとつ、と思いました。

BARAKAでは、歴代の王妃たちが愛した素材のなかでも特に生命力に溢れ、強いエネルギーを秘めている素材を「王妃レシピ」として取り入れています。

ロータス ひとつ目は、この地球に1億4,000年前から存在していたロータス(ハス)です。
日本では、まだ化粧品成分として馴染みが浅いかもしれませんが、アジアでは美も知性も兼ね備えた女性の代名詞に使われるほど高貴で神秘的な植物といわれています。
ロータスは濁った水のなかで大輪の花を咲かせますが、それはロータスが自らを浄化させるパワーを持っているからです。
さらに、占星術でよく使われる宇宙の4大エネルギー「火」「地」「風」「水」。ロータスは、この全てを備えているパワープランツ、ということもわかりました。そこでBARAKAのスキンケアアイテムには、ロータスのパワーを惜しみないほど閉じ込めています。

また、王妃レシピは、ココロと身体への「癒し」にもこだわりました。
歴代の王妃たちの時代は、激しい権力争いもあった混沌とした世の中…。側近にいつ自分の命を狙われるのかわからない、常に神経を張り巡らせている毎日は相当ストレスもあったのではないでしょうか。でも、彼女たちは自分を癒す術にも長けていました。それが、フランキンセンスの香りとデッドシーがもつミネラルなのです。

BARAKAではフェイスケアだけでなく、ボディケアも含めたトータル的なライフスタイルを提案できるブランドでありたいと考えています。毎日忙しく、ストレス社会を生きる現代女性だからこそ、見た目の美肌効果はもちろん、それを支えるココロと身体の健康も考えていきたいと思っています。
王妃たちが用いた美容レシピで、“あなたの王妃”を目覚めさせてくださいね。

BARAKAページTOPへ