ステラ薫子の王妃レッスン

~BARAKA beauty ブログ~

ココロも身体も軽くして1歩を踏み出す射手座の満月

2016.6.19

明日6月20日は、射手座の満月です。
射手座の満月といえば、最近聞いた覚えがありませんか?
実は、先月の22日も射手座の満月でした。そう、なんと今年は射手座の満月が続けてやってくるのですよ。

満月 これは、月のサイクルによるもの。月の満ち欠け周期は一般的に29.5日といわれています。
5月22日は月がちょうど射手座に入った初日で、6月20日は射手座に位置する最終日。そのため、同じ星座の満月が続くというわけです。
このホロスコープを読むと、射手座のエネルギーがひときわ強く、探求心や好奇心も高まるとき、といえるでしょう。

前回のブログで、射手座の満月は転換期にぴったり、というお話をしましたよね。これまで「このままでいいのだろうか?」「どうしていいのかわからない」と不安や迷いで積極的に動けなかった方、エネルギーが溢れるあまりやり場のない息苦しさなどを感じていた方は、太陽が位置する双子座の影響で具体的な問題点が見えてきそうです。…というのも、双子座は「風」のエレメントをもつ星座。風通しを良くして、物事の本質を見つめる力をサポートする、といわれています。

さらに、注目したいのは「ベースをつくる」「安定」といわれている土星。土星は今、月と同じく射手座に位置しています。
努力や忍耐といった意味をもつ惑星でもありますが、「夢を叶える」「目標を達成する」惑星の木星をバックアップしてくれる存在でもあるのです。

夢を叶えるためには、揺るぎない土台が大切ですよね。夢や目標を具体化することで、「何をしたらいいのか?」ということも明らかになってきます。目標に向かって、新しいことをはじめるのにもオススメです。

水に浮かぶ花 そのためには、自分自身を縛っている行動パターンや思考パターン、ネガティブな感情はここで一度リセット。双子座と射手座は「柔軟宮」に属していて、周りの環境や人間関係にも臨機応変に対応できる星座です。コミュニケーション力も高まりますし、新しい自分に変えられるチャンスでもあります。「興味があることはやってみる」「好きなことややりたいことを紙に書いてみる」など、“未来の自分”を意識しながら1歩を踏み出していきましょう。

2016年も半分が過ぎようとしています。「もう半分終わっちゃった~」ではなくて、「まだ半分ある」という気持ちが大切ですよ。下半期を迷うことなく歩んでいくためにも、ココロも身体も軽やかにすることを心がけてみてください。

また、射手座は肝臓、ウエスト周り、付け根、大腿部などに関係している星座です。肝臓は身体のデトックス作用を司る臓器ですし、付け根のそけい部にはリンパ節が密集しています。湿度が高くジメジメとした梅雨の季節はただでさえ疲れが溜まりやすく、体調も崩しやすいものです。

そんなときにオススメしたいのが、お風呂とマッサージ。私は「疲れたな」と思ったときは、デッドシーウォーターを首からデコルテにかけて、腕の付け根、そけい部、膝の裏、ひざ下から足裏とあらゆる場所に塗って、リンパの流れを意識しながらマッサージしています。そして、仕上げはデッドシーソルトをたっぷり入れた湯船でゆったり半身浴。私は1回に200gくらい使っちゃうのですが、汗をたくさんかいた後は身体が軽くなります。

ぜひ皆さんも、明日の満月はご自身がリラックスできる方法を取り入れてみてください。そして、下半期に向けて大いに羽ばたけるエネルギーをしっかり受け取ってくださいね。

BARAKAページTOPへ