ステラ薫子の王妃レッスン

~BARAKA beauty ブログ~

まさにロータス!?手をつなぎながら開花する魚座の満月

2016.8.31

明日は、魚座の満月です。
前回、乙女座の新月のときは「ご縁」や「パートナーシップ」にまつわる部屋に天体が集まっていましたが、その運勢は今も続いています。

波紋 というのも、魚座は、感受性豊かな「水」のエレメントをもち、変化への適応性が高い「柔軟宮」に属している星座。相手の感情を敏感に察知でき、臨機応変に対応できる癒し系で、周りとの協調性を大切にします。イメージするなら、ロータス(ハス)の根のように土のなかでしっかり手をつなぎあっているような状態です。

ただ、人間関係やご縁を大切にすることはとてもいいことなのですが、周りの人がガラリと変わるという流れもありますので、自分のこと以上に相手が「どう思うか?」が気になってしまう場合も…。ともするとご自身の感情を押し殺して我慢したり、自分自身を見失って現実逃避したくなるなど、内面が揺らぎやすくなるかもしれません。

そんなときは、全身の力をふっと抜いてあげることが大切です。一番効果的なのはお風呂にゆったり浸かってほぐすことですが、肩を前から後ろにグルッと回してあげるのもオススメ。目を閉じて深呼吸をしながらゆっくり行うと、さらに効果的ですよ。身体のこわばりがなくなると、ココロも穏やかになってきて、相手にも自分にもおおらかでやさしい気持ちになれそうです。

ロータス(ハス) その一方で、自己実現への扉が開かれ、求めているものがすべて手に入るパワフルなときでもあります。ロータスに例えると、こちらはいよいよ開花していくイメージ。知性を司る「水星」と幸運を司る「木星」が、ご自身のやりたいことをバックアップしてくれます。

目標に向かって、積極的に行動していくことがカギとなりますので、「習い事をはじめる」「勉強をする」など自分磨きをはじめるのに最適なとき。また、美しさをサポートする「金星」が財産の部屋に。いつもより少し贅沢なサロンに行ってみたり、気になっていたコスメにチャレンジしたりと、おしゃれや美容に投資するのもオススメです。 季節的にも、「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」などなど、ご自身のインスピレーションをくすぐられるシーズンでもあります。ひらめきと直観力に優れている魚座パワーを味方にしていきましょう。

また、「○○な秋」のなかで女性にとって悩ましいのが「食欲の秋」。美味しいものを食べると幸せな気分になりますが、この季節は「つい食べ過ぎて…」という方も多いのでは?

そんなときにオススメなのは、足裏のツボ。実は、魚座は足に関係する星座でもあるんですよ。なかでも足の裏には、内臓や器官にまつわる神経が集中しています。「食べ過ぎてしまったかも!?」と思ったときは、胃をはじめとする消化器系のツボがある土踏まずをグリグリしてあげると効果的。ぜひ、試してみてくださいね。

BARAKAページTOPへ