上田祥子の美活ジャーナル

~BARAKA beauty ブログ~

冬肌の乾燥対策のススメ

2015.10.26

いよいよ冬本番。肌にとって過酷なシーズンの到来です。
11月から湿度が急速に低下しはじめ、これからいよいよ乾燥のピークに。
かさつきや、ごわつきなど肌悩みも増えがちです。
だから、この時期のスキンケアは何よりもまずうるおいが大切。
第一回目の今回は、冬肌の乾燥対策についてアドバイスさせていただきます。

洗顔後に肌のつっぱり感じたり、ふと頬を触ると引っかかりを感じたりと、乾燥による弊害が出やすい今日この頃。
まあいいや、なんてそのまま放っておくと、後々後悔することになってしまいそうです

まず、肌の乾燥はバリア機能の低下に繋がります。
肌を外的刺激から守る角質層が乾燥でめくれると、肌がたたえている水分も蒸発して、また乾く、といった悪循環に陥りやすくなるのです。
バリア機能が低下すれば紫外線の影響も受けやすくなってしまうため、肌老化も進みがちです。
乾燥はさまざまな肌ダメージを招く第一歩。
逆にここできちんとケアをすれば、美肌のキープが可能になります。
早速具体的な対策法をお話しましょう。

ロータス まず、真冬になればどうしても暖房の環境がついてまわります。
普段の生活の中での加湿はとても重要。
加湿器を使うのはもちろん、デスクワークをする際は熱いお湯をマグカップに入れて机に置いておくとか、濡れタオルを活用するとか、加湿する方法も工夫次第で様々です。

もちろん普段のスキンケアは、水分をたっぷり肌にチャージできるアイテムをセレクトしましょう。
冬の水分クリームは肌にとって何よりのご馳走です。
しっかり肌の奥までうるおいを与えて、そのうるおいを逃さないアイテムをセレクトしましょう。さらに週に1、2回はシートマスクなどで集中ケアするのもいいですね。
肌を触ったときに、ハリがあってもっちり吸い付くようなジューシーな状態を維持できれば理想です。

また、冬だからといって紫外線ケアを省くのはNG。
紫外線は一年中地上に降り注いでいますから、冬でもUVアイテムは適切に活用しましょう。
というわけで、冬肌対策ってそんなに面倒でもありません。
乾燥が気になる方は、今日から早速はじめてみてください。
うるおいに満ちた肌なら、冬の乾燥だってこわくないですよ!

BARAKAページTOPへ