上田祥子の美活ジャーナル

~BARAKA beauty ブログ~

肌の酸化を防いで、しっかり美肌を守り抜く

2016.5.30

紫外線 夏場だけでなく、一年を通して紫外線対策が必要なのは言うまでもありません。紫外線などによる光老化は細胞レベルに深刻なダメージをもたらし、シワやシワといった肌老化へと繋がります。その原因は「活性酸素」。

脂質で構成された細胞膜を活性酸素が攻撃することによって、身体のサビと言われる過酸化脂質ができるのですが、過酸化脂質はまわりの細胞をも酸化させてしまう性質があるため、肌はどんどん老化していくことになってしまうのです。実は活性酸素、紫外線はもちろんですが、環境汚染やストレス、あるいは電磁波などの影響でも発生します。つまり私たちは常に活性酸素の危険にさらされている時代を生きているというわけです。

では、活性酸素からお肌や身体を守るにはどうしたら良いでしょう? ここ数年、抗酸化作用、抗酸化物質といったキーワードが美容誌などを賑わせていますが、それらがまさに酸化を防ぐためのカギなのです。

抗酸化作用の高いものとして有名なのがトマトなどに含まれるリコピン酸やブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、緑茶などに含まれるカテキン、ベリー類や黒にんにくなどに含まれるポリフェノール類ですね。また、ビタミンCやE、βカロテンにも抗酸化物質です。これらは毎日しっかり摂りたい有効成分。さらに最近は水素やケイ素もその優れた抗酸化作用が注目を集めています。エイジングケアのためには合わせて話題の酵素も摂りたいものです。

内側からのケアはもちろんですが、肌の活性酸素をオフするには、やはり外側からのすみやかなケアも重要になります。市場には抗酸化成分配合のコスメがたくさん販売されていますが、私が個人的に是非おすすめしたい抗酸化物質のひとつが、ロータス成分。

ロータス ロータス、すなわちハスには先程挙げたポリフェノール類やビタミンCを豊富に含むため、紫外線や外的ストレスから肌をしっかりプロテクトするのです。また保湿効果も期待できますから、紫外線などのダメージを受けにくい肌づくりもサポートしてくれます。 いにしえより、王妃など身分の高い女性が美肌のために愛用してきたと言われるロータス成分。その力を味方につけて、若々しい美肌をずっと守り抜きたいですね!

参考文献:朝田康夫監修『美容の医学 美容皮膚科学事典』(中央書院)

BARAKAページTOPへ