上田祥子の美活ジャーナル

~BARAKA beauty ブログ~

乾燥シーズンにおすすめ!唇&指先のパーツケア

2016.10.26

唇がかさかさしてリップがのらない、ネイルの持ちが悪い…。そんなお悩みが増えるこの季節。特に爪や唇の乾燥はよく動かすパーツだからこそ、気になりますよね。今回は本格的な乾燥シーズンを迎える前からきちんと習慣にしたいパーツ別ケアをご紹介します。

くちびるのケア まずは、唇。とにかくこのパーツの乾燥は辛いですね。ひどい時には血が出ちゃったりして。私も以前ちょっとケアを怠ったときに「血が出てるよ」と周りに指摘されてしまったことがありました(笑)唇の荒れって感覚的に不快なだけでなく、口紅がよれたり滲んだりしてメイクアップの上でも見た目の印象も良くありません。

中程度までの荒れであれば、リップクリームをきちんと塗ることで改善も予防もできます。また、はちみつやワセリンも効果大。ココナッツオイルやココナッツオイルを原料にしたリップバームもおすすめです。

唇の皮がむけてさらにひどい状態のときは、まずホットタオルで皮をふやかしてはちみつ、あるいはリップバームをたっぷりのせてラップで5分ほどパックするといいですよ。普段からうるおい力のある口紅やグロスを使うのもひとつの方法ですね。

爪のケア そして、指先。乾燥によってさかむけ(ささくれ)も起こりやすくなりますが、まずさかむけはむけてしまった皮を根元からカットしてワセリンやアロエ軟膏などを塗ります。さらに、絆創膏や液体絆創膏などでカバーし、治るのを待ちましょう。

この時期は爪も乾きやすく割れたり、ネイルカラーののりが悪かったりしがちです。指先のケアとして一番に挙げられるのが、ネイルオイル。爪の生え際に塗るだけで、さかむけの予防にもなりますし健康な爪を維持するのにも◎。これをできるだけ毎日続けることが大切です。

また、除光液はどうしても爪を乾燥させやすいためノンアセトンのオイル系リムーバーに変えてみたり、補強のコート剤を使うのもいいでしょう。もちろん爪を育てるためには、バランスの取れた食生活や質のいい睡眠が重要であることは言うまでもありませんね。

さらに、唇や爪の乾燥はお肌の乾燥バロメーターでもあります。唇や爪が荒れているときは、お肌のうるおいケアも抜かりなく!肌をしっかり保湿して、美しいつやのある肌をキープしましょう!

BARAKAページTOPへ