上田祥子の美活ジャーナル

~BARAKA beauty ブログ~

寒い季節に取り入れたい!むくみ取りマッサージ

2016.12.10

いよいよ冬本番ですね。寒さも厳しくなってきました。この季節、冷えの影響でめぐりが悪くなるため、美と健康にもダメージが起こりがち。なかでもむくみは見た目も左右してしまうので、とっても気になりますよね。

ハーブティー 改善策としては、まず身体をきちんと温めること。そして、マッサージを施すことで、むくみはかなり解消されます。

特に気になるのが下半身。ふくらはぎがむくむと脚が太く見えてしまいますし、歩くのもちょっと違和感を感じたりして心地よいものではありません。また、寒くて肩に力が入るせいか肩こりも気になります。

そこで、適切な入浴や足湯、あるいは温めグッズなどで日々冷え取りを心がけ、内側からも生姜など温め効果のある食品摂りながら、毎日続けられる簡単マッサージを是非組み合わせてみてください。
でも、マッサージって面倒で続かない…、という方も多いですよね。かくいう私自身がハードなメソッドだと億劫になってしまい続かないので、今回は手抜きしつつもちゃんと結果を出してくれる方法をご紹介したいと思います。

なお、マッサージをするときは、マッサージオイルやマッサージクリームなどを活用しましょう。私がおすすめなのは「ジョルダニアン デッドシー ウォーター」。天然100%の死海深層水のマッサージウォーターで、オイルのようにとろみのあるテクスチャー。とても滑りがよくて身体を揉みほぐしやすいんです。しかも、つけたときにほんのり温か。保湿効果も高いので、使用後の肌はすべすべです。塩って浄化作用もあると言いますから、心身のリフレッシュにもなりますよね。

足のマッサージ では早速、マッサージ法に移りましょう。マッサージはツボとリンパを意識しながら行うのがポイントです。

下半身は
1.まず、左足の裏のツボを揉みほぐすようにマッサージし、右足裏も同様に。
2.拳をつくって、足の甲を指先から足首の方向に流します。
3.足首から膝に向けて一方方向に、ふくらはぎを絞り掴むようにしながら膝裏に向けて流していきます。
4.今度は太ももを膝から付け根に向けて、右手左手を代わる代わる一方方向にさすりあげるように揉んでいきます。
5.最後は、付け根のリンパに向けて流しましょう。左右それぞれ3回でも十分ですし、たとえ左右1回ずつでもしないのとではすっきり感が違います。

肩こりは
1.手で耳の後ろから首筋のリンパを意識しながら首の根元までさすり下ろします。
2.肩の背中側の一番気持ちのいいポイントを、手で肩を挟むようにしながら押し揉みほぐしていきます。
3.鎖骨のポケットを軽く外から内方向にさすって、みぞおちに向けて流していきます。鎖骨のポケット部分は片方ずつ行うほうがやりやすいです。
これを数回繰り返すだけで、かなり肩が楽になります。また、顔周りのリンパの流れが良くなるため、顔のむくみもすっきりしますよ。

寒さに負けない、めぐりのいい身体づくりを心がけましょう。

BARAKAページTOPへ