Founder's Message

デッドシー(死海)との出会いから
BARAKAは始まりました。

BARAKA創設者の山崎薫(ステラ薫子)です。
占星術家である私が、なぜホリスティックビューティーブランドを?
疑問に思われる方もいるかもしれませんね。

まずは、デッドシー(死海)との出会いからお話しましょう。

私は子どもの頃から喘息やアトピー性皮膚炎に悩まされていました。
でも、仕事にやりがいを感じていた私は、
超過密スケジュールの毎日を何十年もこなし、
自分のからだより仕事を優先していたのです。

しかし、遂にからだが悲鳴を上げてしまい、
2011年、私は乳がんを患います。
こうでもしなければ私は休まないだろう…。
神様から大きな試練を与えられた気がしました。

治療が終わった後も、副作用に悩まされる日々が続きました。
その時、私のからだを癒してくれたのがデッドシーソルトだったのです。
バスソルトを入れて入浴した日は不思議とぐっすり眠ることができ、
からだの中がリセットされていくような気分になったのです。
この時、心もからだもリラックスする習慣が大事であることを実感しました。

「ストレス社会の中で生きる日本の女性に、デッドシーソルトを届けたい!」
ヨルダンの死海へ向かった私は、その聖なる地でインスピレーションを得ました。

ヨルダンのデッドシーに続き、韓国のハス花、オマーンのフランキンセンス…。
私は世界を旅する中で、文明発祥の聖地に息づく
神秘のエネルギーにあふれた本物の素材たちと巡り合いました。
それがひとつの形に昇華され、「BARAKA」ブランドが誕生したのです。

真の美しさの秘訣は「自己再生力」
自然の恵みで自分への施しを

私は占星術家として、これまで約2万人を超える
女性たちの未来を見つめてきました。

幸せな人生とは?
時代に左右されない本当の美しさとは?

年齢を重ねても、生き生きと輝くために必要なのは
こころ(心的健康)、からだ(肉体的健康)、肌(外見美)のバランスを保つこと。
そして、BARAKAのもう一つのブランドアイコンであるハス花のように
「自己再生力」を高めることが大切だと考えます。

仕事や子育てなどで落ち込んでしまった、疲れが溜まった時は、
自身の心とからだ、肌の声にじっくり耳を傾け、
愛情を持って必要な施し(ケア)を与えること。
良質な睡眠を取り、明日につながる活力をチャージしてください。

本来のサイクルが整うことでポジティブに自分と社会に向き合えるようになり
自信に満ちたあなたの人生は、より良い方向に動き出すはず。

BARAKAは、昨日より今日、今日より明日…と進化を楽しめること。
「喜び」「癒し」「豊かさ」のあるライフスタイルをサポートしていきます。

BARAKA創設者 山崎薫